CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
鬼子母神通り みちくさ市
みちくさ市

 目白通りから鬼子母神へ至る鬼子母神通りで「みちくさ市」なるものが開催されました。主催は鬼子母神通り商店睦会ですが、協賛に「わめぞ」という早稲田、目白、雑司ヶ谷地区で書籍に関連する仕事をしている人の集まりがついている関係で、基本コンセプトは古本です。通り沿いには古本を売る露店が並んで、それなりの活気を呈していました。

 邪推ですがさびれた都市部の商店街と、ブックオフなどのチェーン店に押されジリ貧の古本屋業界のタイアップ活性化策といったところでしょうか。

 あまり車の通行量は多くない通りですが、普段よりはかなり多くの人出でしたので、少し危ない気はしました。古本屋だけでなく、沿道の住民がフリーマーケットを出していたりしてアットホームなイベントです。

続きを読む >>
| 目白台周辺 | 13:15 | - | trackbacks(0) |
雑司ヶ谷の鬼子母神(法明寺)
雑司ヶ谷鬼子母神

 一昨日の土曜日、池袋での買い物帰りに雑司ヶ谷の鬼子母神にお参りしてきました。ようやく夏の暑さも去り、カラッとした秋晴れの日だったので散歩がてら歩いて帰ったのですが、池袋から目白台の現住居までは徒歩で約30分、鬼子母神はその途中にあります。

 鬼子母神というと神=神社と思いがちですが実際にはお寺です。元はインドの神様で、安産、子育ての神様として崇められており、この雑司ヶ谷の鬼子母神は法明寺という名称です。都内ではここ雑司が谷のほか、台東区の入谷にあるものが有名(住所は台東区下谷)で、年配の方にはおなじみだと思いますが「恐れ入谷の鬼子母神」という地口(じぐち。駄洒落のようなものですね)でも知られています。

続きを読む >>
| 目白台周辺 | 23:49 | - | trackbacks(0) |
リベンジ(復讐)の尺玉?! 東京湾花火大会
2008東京湾花火大会1

2008東京湾花火大会2

 今日午後7時ごろ、夕食を済ませテレビで北京オリンピックの柔道でも見ようかと思っていたところ、窓の外からドンドンと爆発音がしました。窓の外を見ると、遠目に花火が見えました。どこのものかはすぐに推測がつきました。東京湾の花火大会です。方角的に考えても、間違いないでしょう(後ほどインターネットで調べたところ、やはり今日開催でした。)。
 今日開催されることは知りませんでしたが、先日神宮外苑の花火大会で惨敗を喫していた(こちらをご覧ください)私は狂喜。自宅から花火が見えるのは、とてもうれしいものです。写真は、撮影技術が低いためいまいちきれいに撮れませんでしたが、ベランダで撮影したものです。雰囲気だけでもお分かりいただければ幸いです。低いところの花火は建物が障害物になって、上の方しか見えませんが、大きめの物はしっかり円形に広がるところが見えました。隣で妻も喜んでみていました。東京湾までは少し距離があるので、見た目は若干小さめではありましたが、それでも十分な大きさだと思います。赤、青、緑色の鮮やかな火花が夜空を彩る様は、なかなか壮観です。
続きを読む >>
| 目白台周辺 | 22:21 | - | trackbacks(0) |
早稲田大学で火災?いいえ神宮外苑花火大会です
 一昨日は神宮外苑の花火大会。翌日テレビのニュースで見たところ、メイン会場の神宮球場は有料開放され、倖田來未など歌手によるイベントも行われたそうです。
 この神宮の花火、今年私は自宅から見られるはずでした。自宅から神宮までの距離、方角が完璧のはずだったからです。以前住んでいた早稲田の隣は、神宮からは距離的には現在の家よりも近かったのですが、坂の下の一軒家だったので花火は一切見えませんでした。
でも現在の自宅は坂の上、南向きマンションの7階。直線距離は5kmほどでし
ょうか。方角的にも神宮はほぼ真南なのでかなりよく見えるはずと期待していました。

 開始予定時刻の夜7時半に向けて、早めに仕事を切り上げて帰宅。電車での帰宅途中、電車の中で神宮の花火に向かうらしい若者達が、どの駅で降りるかを相談しているのを聞きながら、「俺は涼しい部屋の中で優雅に花火見物するもんね」とほくそ笑みながら帰宅。

 自宅前でやはり花火を期待して早めに帰宅した妻と合流しました。空には各テレビ局の物らしきヘリコプター、それから遊覧飛行船らしき大きな機体が飛んでいます。花火がきれいに見えるように、部屋の電気を消し室内を暗くし、ビール片手に打ち上げ開始を首を長くして待っていたところ。

 外が少し明るくなり、ポンポンと花火の音がしはじめました。見ると、南の空が赤や緑に彩られ、そのあとで白煙がもうもうと立ち込める様子が近い距離でよく見えたのですが、肝心の花火が全く見えません。
 理由は次の写真を見ていただくとすぐに判ります。
続きを読む >>
| 目白台周辺 | 16:04 | - | trackbacks(0) |
東京メトロ副都心線に初乗車
東京メトロ副都心線

 昨日東京メトロ副都心線に乗車しました。今年6月14日の開通から約半月、新線開通によって自宅最寄りがこの路線の雑司ヶ谷駅になったのですが、過去に2回ほど機会を逸してしまっており、ようやく乗れたといったところです。

 前回乗りそびれたとき同様、勤務先のある三鷹からの帰路に、JR総武線大久保駅で途中下車、新大久保駅を越えて10分強歩き、明治通り沿いの東新宿駅へ。

 駅の地上入口から地下へ入り改札を抜けてホームまでは約3分。ちょうど急行の通過待ちで停車していた、東武東上線直通各駅停車志木行きの電車に乗り込みました。平日の午後6時台、下り電車にもかかわらず車内には空席すらちらほらあるほどで、通勤電車としてはガラガラに空いている状態でした。
 開通当初は大混雑し、テレビのニュースなどでは、池袋−渋谷間を並走する形で、私が通勤にメインとして使用しているJR山手線の慢性的な混雑緩和に一役買ってくれそうな甘い言葉をささやいていましたが、この程度では山手線の混雑緩和は夢物語と消えそうです。

 それからこの空き具合は気になったので、他の方のブログも拝見してみました。(青天の彼方に住まう貴方へより)
 朝の時間帯でも立っている乗客がほとんどいないという事実。これを見ても、やはり山手線の混雑は永遠なのでしょうか。
続きを読む >>
| 目白台周辺 | 23:45 | - | trackbacks(0) |
自宅最寄りのガソリンスタンドが休業
不忍通りガソリンスタンド

休業中サービスステーション

 目白台の自宅付近を歩いていたら、不忍通りにある自宅最寄り(だと思う)の、昭和シェル石油のガソリンスタンドが休業しているのを発見しました。店の入り口にはロープが張られ、看板には「休業中」のカバーが掛けられています。おそらくガソリン価格高騰による経営不振が原因なのでしょう。このカバーだって結構大きいし、コストもかかるでしょうに大変ですね。
 ガソリン価格の高騰により、経営不振に陥った多くのスタンドが休業に追い込まれていることはテレビのニュースなどで見知っていましたが、身近で発見するとそれほどまでに大変なのかと、実感がわきますね。
そもそも私の住んでいる文京区あたりだと、都心のため郊外と比較して地価が圧倒的に高いため、価格競争力が低く、従来でもガソリン価格は結構高かったです。そこに油高騰という負のイベントが発生すると、そういった零細スタンドは、あっという間に休業に追い込まれてしまうのですね。だいたいガソリンスタンドの場合、元売り(昭和シェル、出光興産、モービル、エッソ、ゼネラルなど)自体は超大手企業ですが、店舗はフランチャイジーが運営しているケースが多く、経営主体の多くは中小企業。意外とギリギリの経営なのでしょう。
 こちらのスタンドも「休業」と称していますが、そのうち営業再開できるのでしょうか。正直なところ、事実上の廃業なのかもしれません。
そういえばあまり関係ありませんが、雑誌の場合も売れ行きが悪くなると、しばしば「廃刊」ではなく「休刊」って言い方をすることを好むようですが、その後「復刊」したのを見た記憶がありません。
現在世間で話題の、ガソリン価格高騰およびガソリンスタンドの閉鎖騒ぎ、わが家の場合にはほとんど衝撃はありません。3か月ほど前に車を売却してしまったので、ガソリン価格の高騰によりガソリンスタンドが減少すること自体は正直言って、どうでもよい話です。
続きを読む >>
| 目白台周辺 | 23:58 | - | trackbacks(0) |
椿山荘ほたるの夕べ2008
 蛍を見ました。昨日椿山荘での結婚披露宴に呼ばれた余禄がこれです。毎年椿山荘では夏の風物詩蛍の夕べと銘打って、敷地内で育てたホタルを公開しています。今年は一昨日5月24日(土)開始でしたので、きのうは2日目でした。レストランの特別メニューなど、このイベントは今年5月24日(土)から7月18日(金)まで実施しています。

 昨日出席し、午後4時ごろから開始された披露宴が終わったのは午後7時。ちょうど辺りがだいぶ暗くなってくる頃です。自宅が近いので披露宴終了時刻を見計らって、妻に椿山荘へ来てもらい、正面玄関近くにあるカフェ・フォレスタ(cafe foresta)で待ち合わせて午後7:30頃庭園に出てみると、黄緑色に光る蛍が結構な数いました。

 昨年もこの椿山荘へほたるを見に行ったのですが(こちら)、光を点滅させている様子は今年もやはりきれいでした。私の世代(昭和40年代後半生まれ)は、すでに工業化、宅地化が進んでいましたので、小さいときに近所で蛍を見たことなどありませんが、蛍を見るとなぜか懐かしい気持ちになります。何度見ても新たな感動があり、風流で良いものだと思いました。

続きを読む >>
| 目白台周辺 | 21:10 | - | trackbacks(0) |
意味不明 東京フード製菓中医薬専門学校
東京フード製菓中医薬専門学校

 先日、自宅の目白台から池袋方面へ歩いていると、都電荒川線の鬼子母神停留所付近、明治通りから少し入ったところでなんだかよくわからない専門学校の看板を見かけました。その学校名は「東京フード製菓中医薬専門学校」。もはや何をやりたいのか見当がつかない名前です。

 あまりに得体が知れないので、気になって学校のホームページを見てみました。するとこの専門学校には健康中医薬業学科、製菓製パン管理学科 、製菓製パン学科、フードビジネスIT学科、中医薬研究IT学科 、フードコーディネート企画学科の6学科が設けられていることが分かりました。
続きを読む >>
| 目白台周辺 | 11:16 | - | trackbacks(0) |
椿山荘での結婚式に招待されました
 私の小さな夢が一つかないました。椿山荘での結婚式に招待されたのです。椿山荘には昨夏には蛍を見に行き、たまに散歩がてら出かけることがありますが、結婚式は初めてです。以前住んでいた早稲田の隣も、現在住んでいる目白台からも徒歩圏内にあります。現在のわが家からは、距離にして1キロメートル足らず、路線バス(都営バス白61系統)で停留所2つ分と至近距離です。ここか、リーガロイヤルホテル東京での結婚式または披露宴に、徒歩で出席するというのがささやかな夢でした。雨が降ったらタクシーで行くつもりですが。
続きを読む >>
| 目白台周辺 | 00:12 | - | trackbacks(0) |
文京区立目白台遊園
目白台遊園の遊具

 目白通り沿い、目白台図書館のすぐ近くにあるのが目白台遊園。遊園といっても広めの歩道の一部分にあると行った感じの、とても小さな公園です。
ここにあるのが、この鳥(スズメ?鴨?)とイルカ?の形をした、かわいらしい2台の遊具です。下部にスプリングが付いていて、子供がまたがって、前後に揺らして楽しむといった仕掛けです。

 私たち夫婦は目白台図書館をよく利用しているので、この公園付近を時々通りかかるのですが、最近テレビでコマーシャルを見ていてちょっとびっくり。CMで、これと同型の遊具が映っているではありませんか。
そのコマーシャルは食品メーカーのカゴメの「野菜生活100」という野菜ジュースの「青春はいずこ」篇というもの。

 女性デュオ(でいいのかな?)PUFFY(パフィー)の2人が、それぞれイルカとスズメにまたがり、商品である野菜ジュースを飲んでいるといったもの。公園自体の広さも全く違いますし、遊具もCMのものは新しそうなので、当然別物ではあるのですが、普段見慣れているせいで、少しうれしくなりました。
 ちなみに目白台遊園のこの遊具には3〜6歳向けと書かれていましたので、PUFFYは明らかに年齢オーバーかと。ちょっと楽しそうですが、くれぐれも大人の方はこの遊具には乗らないようにお願いします。

 公園の遊具も工業製品ですから、当然メーカーがあって、生産ラインがあって、と考えると同じ製品があちこちにあって不思議はないのですが、なんだか不思議な気持ちがしました。

文京区立目白台遊園
住所 東京都文京区目白台3-15

 早稲田の隣はブログランキングに参加しています。多少でも面白いと感じていただけたら下のバナーをクリックしてくださると幸いです。
| 目白台周辺 | 19:42 | - | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>