CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
北海道で初めて見た物
 先週末に北海道へ行ったときに、見慣れないものを目にしました。東京では見たことがないのですが、私が見た札幌市内の民家のすべてと言っていいほどの家に備え付けられていたものの正体は、灯油タンクだそうです。
 寒い北海道では、冬場室内はガンガンに暖房を付けて温めるということは聞いていました。極端な話、室内では半そでで過ごすような話も聞いたことがあります。そのため、北海道の人が東京など他の地域に住むと暖房設備が充実していないため、冬は室内がおそろしく寒いという感想を持つそうです。が、各戸にこのような物が付属しているのは初見でした。寒い冬を暖かく過ごすための知恵ですね。

 マンションなどの共同住宅では、建物に1つ付いていて、各室の灯油使用量はメーターによりカウントするそうです。プロパンガスなどと同じ仕組みですね。

灯油タンク

 早稲田の隣はブログランキングに参加しています。多少でも面白いと感じていただけたら下のバナーをクリックしてくださると幸いです。
| 2008年4月北海道 | 19:54 | - | trackbacks(0) |
白い恋人
白い恋人売り切れ

 先週末の北海道のおみやげ、今回私は誰一人として知り合いに北海道行きを告げていなかったので、買った物は基本的にはすべて自宅消費用です。
まずやはり北海道と言えば欠かせないのが白い恋人です。石屋製菓というメーカーの知名度は、かつては商品名と比べると抜群に低かったのですが、昨年の賞味期限偽装によって一躍全国区になりました。不名誉なことではありますが。私は先週日曜日に旭川市内の西武百貨店の地下で購入しましたが、 帰りに旭川空港のお土産屋さんを見たらほとんどの店で売り切れていました。生産量をセーブしているのかもしれません。Since1976とありますので発売されてから約30年ですね。

 クッキーに挟まれたホワイトチョコレートの甘味がいい味してます。ホワイトチョコレートはさほど好きではないのですが、この商品は別格です。本当は白くないチョコレートをサンドしてほしいんですけど、その場合商品名は「黒い恋人」?マフィアみたいな恐ろしいネーミングになってしまいますね。

 早稲田の隣はブログランキングに参加しています。多少でも面白いと感じていただけたら下のバナーをクリックしてくださると幸いです。
| 2008年4月北海道 | 15:30 | - | trackbacks(0) |
松尾ジンギスカン 旭川店
松尾ジンギスカン

 日曜日の夕方、帰りの飛行機まで時間があったので、かなり早めでしたが夕食をとることにしました。入ったのは旭川駅から5分ぐらいのところにある松尾ジンギスカン。
 ジンギスカンとしてはかなりの有名店で、おみやげ用にパックされたタレ漬けの肉を店頭で販売しており、全国発送も行っています。店内はかなり広い座敷で、テーブルの数は30卓ほどもあったでしょうか。食事時から外れていたので、私たち夫婦以外にお客は一組だけでした。

 注文したのは上ラム、上マトンほか。なぜ上を頼んだかというと、値段が並と100円しか変わらなかったからです。

 店員が鍋に火をつけ、肉と付け合わせのモヤシを乗せてくれるのですが、驚いたのがこの後。おもむろに水差しを取り出すと、結構な量の水(お湯?)を鍋の周囲に回しかけたのです。
続きを読む >>
| 2008年4月北海道 | 19:15 | - | trackbacks(0) |
旭山動物園 ペンギン3弁当
旭山動物園ペンギン3弁当
旭山動物園 ペンギン3弁当中身

 日曜日、旭山動物園で昼食に食べたのがペンギン3弁当(600円)。箱に3羽のペンギンが書かれていますので、「ペンギン3羽」と、「ペンギンさん」のダジャレですね。わかりやすい。
 動物園内にはレストランもありましたが、それなりに混雑していたのと、値段も当然ですがお弁当よりは高価でした。天気も良かったのでお弁当を購入しピクニック気分で、屋外で食べることにしたのです。

 このお弁当の中身は完全に洋風のお子様仕様。白色でペンギンの絵が描かれた海苔で巻いたおにぎりが3個、とてもかわいらしいです。具はおかか、わかめ、しゃけ。おにぎりの具の定番でありながら、私が非常に苦手としている梅干が入っていなかったので安心しました。多分、子供たちの中にも苦手な子が多いのでしょう。期せずして自分の味覚が子供寄りであることを再認識させられました。

 おかずはエビフライ1尾、大きめの鶏の唐揚げ一個。ミートボール、魚のすり身、付け合わせはスバゲッティー(ナポリタン)に魚の形をしたポテトフライと、ちいさな子が見たらうれしさのあまり狂喜乱舞していまいそうな品々がずらりと並び、真っ赤な缶詰のサクランボがとどめをさします。恥を承知で告白すると、私も狂喜乱舞しそうでした。子供向けのため、量はやや少なめです。
続きを読む >>
| 2008年4月北海道 | 22:32 | - | trackbacks(0) |
旭山動物園に行ってきました
旭山動物園オランウーラン
旭山動物園アザラシ円筒水槽

 北海道ツアー、土曜日は札幌市内のホテルに宿泊し、日曜日にはJR特急で旭川へ。当初は日帰りの予定でしたが、所用が増えたので1泊にせざるを得なかったのです。おかげで、札幌では観光らしい観光もできなかったのですが、こちらでは少し時間に余裕がありました。この日の目玉が前々から行きたかった旭山動物園です。なかなかきっかけがなかったのですが、今回は所用があったので幸運にも「ついで」に行くことができました。

 この動物園、もはや説明も不要なほど有名ですが、経営不振の地方の一動物園が現在は旭川を代表する観光名所です。正門付近が低く、奥に行くに従って標高が高くなる、勾配のきつい園内という弱点を逆手に取ったアイディアが売りです。上から、下から、真横からなど様々な角度で動物が見られますし、そのほかにも動物の見せ方に様々な工夫がしてあることで全国的に有名になり、各地からツアーが催行されています。この日も北海道内発が中心と思われる、観光バスが多数来園していました。

 冬季開業期間の最終の日曜日、しかも晴天に恵まれたとあって園内は相当な混雑。客層は、子供連れの家族はもちろんですが、相当数のお年寄りが来ていたようです。それでもそれほど広くない動物園ですので、ひと通り見て回ることができました。

 アザラシが円筒形の水槽を上から下、また下から上へと泳ぐところや、ペンギンが泳いでいるのを下から見上げたり、オランウータンが地上10メートルくらいの所に張ってあるロープを渡るところを見られるのはこの動物園だけでしょう。また、白くま(ホッキョクグマ)を、アクリルのドーム状になっている場所から下から覗いたのもなかなか面白かったです。
続きを読む >>
| 2008年4月北海道 | 22:50 | - | trackbacks(0) |
札幌 観覧車ノルベサ
札幌観覧車ノルベサ
ノルベサからの眺望

土曜日の夕方、札幌市内にある観覧車ノルベサ(nORBESA)に乗りました。用事を終え、唯一の札幌観光と言って良いでしょう。北海道弁で「○○しよう」というのを「○○するべさ」というのですが、(観覧車に)乗るべさというのが、ノルベサの名前の由来です。

観覧車はショッピングセンターになっているビルの最上階に設置されています。このビルは、不動産ファンドの企画らしいのですが1階ビル内のテナントに空室があったところを見ると、余りヒットではなかったようです。
料金は2名で1,200円、約10分の所要時間です。乗り込む前に、係員が写真を撮ってくれました。この写真は有料で、1枚1,000円。観覧車を降りたときに買うように頼まれます。きれいに撮れてはいたのですが少し高過ぎると思い、買いませんでした。
続きを読む >>
| 2008年4月北海道 | 20:47 | - | trackbacks(0) |
札幌 山岡家の味噌ラーメン
山岡家南2条店
山岡家みそラーメン

 北海道ツアー(自分で企画)、土曜日の昼食は札幌ラーメンでした。とはいっても土地勘もなく、スケジュールの都合もありそれほど時間も取れなかったので、歩いていて目に入ったこの山岡家に入店。この山岡家、チェーン店のようで、この日新千歳空港から札幌市内への電車移動中、社内から別の山岡家が見えたのを覚えており、チェーンなら無難かなという思惑もありました。

 インターネットで検索してみると、関東圏にも結構な店舗数を展開していますが、埼玉県、千葉県など東京都以外が中心で、東京都内には1店舗のみ。しかも瑞穂町と辺鄙なところにあるため(実家からは近いですが。)、その存在を知りませんでした。フランチャイジーなのでしょうか、女性2名が切り盛りしているお店です。

醤油ラーメン、塩ラーメンもありましたが札幌といったら塩も有名ですが、 やはり味噌ラーメンかなと思い、夫婦ともども味噌ラーメンを注文。かなり空腹でしたので一つはチャーシュー丼のサービスセットにし、ご飯は二人でシェアすることにしました。
この店のスープは豚骨ベースであると店内に書かれていましたので、味噌とんこつということになります。それともとんこつ味噌?
続きを読む >>
| 2008年4月北海道 | 21:53 | - | trackbacks(0) |
札幌へ
羽田空港内

 今回の札幌行き、私にとっては久しぶりの国内線飛行機搭乗でした。妻は仕事柄国内出張が多いのでよく知っていたようですが、私は内勤。改装当時にテレビのニュースで見たことはありますが、少し前に改装なった羽田空港も私は初めてでした。最後に羽田に行ったのは10年以上前だと思います。大変きれいで広くなっており改めて感心。

 今回は朝6時半発のスカイマーク703便(SKY703)で一路羽田から新千歳へ。当初日帰り弾丸ツアーの予定だったので、朝一番の便を予約していたためです。スカイマークは価格設定が安価な分、サービスは省略されていて、飛行機では通常無料で支給される飲み物も、有料販売です。国内線で、搭乗時間が短時間の場合で、特に自分でお金を払うフライトの場合は、合理的で悪くないと思います。
続きを読む >>
| 2008年4月北海道 | 20:51 | - | trackbacks(0) |
北海道に週末行って来ました プロローグ
 先週末、急な所用で妻と一緒に1泊2日北海道ツアーを敢行してきました。
まず土曜日の朝一番(5:00AM頃)、目白台の自宅を出てタクシーで羽田空港へ向かいます。早朝の便だったため電車利用が困難だったこともありますが、電車だと軽く1時間以上かかる行程が、タクシーだと約30分と非常にスピーディ。タクシー代は9,200円と、それなりにかさみましたが急用のためやむをえません。

 車を持っていれば空港まで車で行き、付近の駐車場に止めておくことも考えられますが、タクシーの運転手さん談によると、羽田空港の1日の駐車料金が8,000円程度とのことでした。ガソリン代、高速道路代、2日分の駐車料金を考えれば1泊2日の旅程だと、タクシーの方がだいぶ安上がりですね。車を売っていなければ、維持コストなどに頭が行き、相当無理をしてもたぶん電車で行ったことと思います。自家用車を売却したメリットがようやく出てきました。
続きを読む >>
| 2008年4月北海道 | 20:08 | - | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |