CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
<< 室内用物干しを購入 | main | 独自ドメインを取得(2) >>
月の湯(銭湯 目白台)
目白台月の湯

 目白台にある銭湯「月の湯」へ行ってみました。早稲田の隣に住んでいる時分に、徒歩圏内の銭湯としてリストアップしたのですが、その際どなたかのブログで、一昨年(2006年)末を以て休業とありましたので、現在の銭湯を取り巻く環境を考えたらこのまま廃業してしまうんだろうなと思って、見にも行きませんでした。

 その後目白台に引っ越して来て、コープ東京目白台店に買い物に行った際に、コープの左隣(北側)に月の湯があるのを発見、破風造りの極めて趣のある建物です。店の前に「営業時間」の貼り紙があったので、ひょっとして営業再開しているのかなと思い、半信半疑で訪れてみたところ、営業していました。

 中に入るとなんと番台がありました。女将さんでしょうか、おばさんが座っています。現在では銭湯もフロント式になっていて、私が最近行った銭湯でも番台は初めて。脱衣場も古風で、壁際にロッカーもあるにはあったのですが、おばさんから脱衣カゴを使うよう言われたので、カゴに脱いだ服を入れました。脱衣カゴっていうのも何か風情があっていいですね。また脱衣場の壁に広告が何枚かあったのですが、以前このブログでもご紹介した、江戸川橋、地蔵通り商店街の和菓子屋「浅田家和菓子店」の広告がありました。

 脱衣場の壁に写真が数枚。何かと思って見れば相武紗季。さらによく見ると、この銭湯の店の前や、浴室内(壁絵が富士山ではなかったのでおそらく女湯。もちろん着衣です、念のため。)で撮影された写真で、2007年10月撮影とあります。おばさんによると、この写真は雑誌CIRCUS(サーカス)の撮影だったとのこと。番台が残るスタイルの銭湯はやはり現在ではかなり珍しいようで、この月の湯には時々取材や撮影に来ることがあるようです。過去には堀北真希も来たことがあるそうで、先日もTBSの「イブニングファイブ」が取材にきた由。

 男湯内は先客が2名、壁絵は銭湯の王道富士山。音止の滝(おとどめのたき)と書かれており、そこからの富士山を描いたもののようです。調べてみると、この滝は静岡県富士宮市原にあり、日本の滝百選にも選ばれています。

 体を洗い、浴槽に浸かると、一般的に銭湯のお湯は45℃程度と結構熱いのですが、ここはそれほど熱く感じませんでした。温度計は見なかったのですが、若干温度は低めかもしれません。何にせよ、やっぱり足を伸ばして入れる広いお風呂は良いですね。

 「重油値上がりにつき節水にご協力ください」の貼り紙が、苦しい台所事情を窺わせますが、末長く営業してほしい銭湯だなと思います。

月の湯
住所 文京区目白台3−15−7
営業時間(2008年2月現在)
日曜日 4:00PM〜11:00PM
火曜日 5:00PM〜10:00PM
木曜日 5:00PM〜10:00PM

 早稲田の隣はブログランキングに参加しています。多少でも面白いと感じていただけたら下のバナーをクリックしてくださると幸いです。
| 早稲田界隈の銭湯 | 22:44 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://wasedablog.berichest.com/trackback/1004910
トラックバック