CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
<< お客様の中にお医者様は・・・? | main | 目白台フレンチレストラン Pas Mal(パマル) >>
N700系新幹線初乗車
 今日の大阪出張の帰路に、新幹線N700系車両に初乗車しました。昨夏から運行を開始した新型車両です。さて、この話を書くに当たっては、まず以下について事前にご紹介しておく必要があります。

 私の妻は仕事柄出張が多いのですが、飛行機をこよなく愛する妻は、ふだんは大阪への出張にも極力飛行機を利用しています。「ナントカと煙は高いところが好き」なんて言ったら半殺しにされそうですが、それほど飛行機を好んで使っています。

 ちなみにわが家のある場所は、東京都文京区目白台。羽田空港よりも東京駅または品川駅の方が近いです。さらに大阪に着いてからも、伊丹空港から市内までは比較的遠いため、おそらく客観的には新幹線の方が便利なはずです。

 その飛行機好きの妻が、飛行機の路線が存在しない都市間など、どうしても新幹線で移動せざるをえない場合は、必ずこのN700系を利用していると聞いていました。「できるだけ」とか「極力」ではなく、本当に必ずわざわざ選んで乗車しているとのこと。

 その執着ぶりたるや、超軽度ですがN700系マニアと言っていいほどの熱の入れようです。なんでも「乗り心地が良くてラク。しかもシートが従来の新幹線より少し広い」とのこと。もちろん新型車両なので車内もきれいなのでしょう。

 今回、私が出張するにあたっても「N700に乗るのか?N700に乗りなさい」と繰り返し言われていました。私の方は出張の頻度は低く、せいぜい年に2〜3回。あまりこだわりもないので、特に指定もせず同行者に切符を手配してもらったのですが・・・
N700系新幹線

 たまたま帰路に新大阪駅から乗ったのがN700系車両でした。この写真は東京駅に帰着後撮ったのですが、私同様車体の「N700」というロゴを撮影している方が写っています。やっぱり、ちょっとしたブームなのか?

 力説されたすわり心地については、確かに往路の車両よりは良かった気がします。また席の広さについては、こんな感じです。

以下「JRおでかけネット」から引用
「3人掛中央席以外のシート幅を各10mm拡大。クッションはグリーン車同様、新開発の複合バネ構造を採用し、座り心地を一層向上させています。」

 私が乗ったのは窓際の席でしたが、実際往路の座席よりは少し広く感じました。10mmって1センチですよね。その程度の違いでも広いと感じ取れる、人間の感覚も不思議なものです。

N700系コンセント

 そのほか車内には携帯電話の充電や、パソコン用の電源コンセントがあり、ビジネスユースに便利な構造になっています。

 総合的に、確かに従来型車両よりは快適でしたので、次回はN700系をあえて探して乗ってみようかなと思わせるには十分でした。ま、次の出張がいつになるかわかりませんが。

 早稲田の隣はブログランキングに参加しています。多少でも面白いと感じていただけたら下のバナーをクリックしてくださると幸いです。
| その他 | 23:45 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://wasedablog.berichest.com/trackback/1226669
トラックバック