CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
なんばグランド花月でお笑いを見てきました
 先週末、出張で大阪へ出張したついでに吉本興業の常設劇場「なんばグランド花月」でお笑いを見てきました。
 持参したPCを使い、インターネットで花月のホームページからチケットを予約しておき(決済はクレジットカードで可能)、花月の入口にある自動発券機で受け取りました。一日4回の公演の初回、朝9:45開始の回でしたが客席はほとんど満席。

 公演は二部構成で、一部は漫才や落語などの出し物。有名どころでは漫才の中川家、オール阪神巨人、落語家の桂文珍らが出演。
5分程度の幕間を挟んだ第二部は吉本新喜劇。こちらは全国区の出演者はほとんどいませんでしたが、かなり笑わせてもらいました。吉本新喜劇は以前CATVで放映されているのを見たことがありましたが、いわゆるコテコテの大阪のお笑いで、東京出身の私はさほど面白いとは感じませんでしたが、生でなら一見の価値はあると思います。

 笑い通しの2時間30分で十分堪能しましたが、入場料5,000円は少し高い気もいたします。

 早稲田の隣はブログランキングに参加しています。多少でも面白いと感じていただけたら下のバナーをクリックしてくださると幸いです。
| その他 | 16:36 | - | trackbacks(0) |
水出しミントジュレップソーダ
水出しミントジュレップソーダ

 先日の暑い日「水出しミントジュレップソーダ」を購入し、飲んでみました。キリンビバレッジが発売している「世界のキッチン」シリーズの飲料で、キューバのカクテル「モヒート」をヒントに作られたものだそうです。 大まかな製法は、クラッシュしたミントの葉を水出しし、そこにレモングラスとグレープフルーツ果汁を加えて炭酸水で割ったものだそうです。
実はこの飲料、私が長年待ち焦がれていたものです。夏場にミントの清涼感を与えてくれるソフトドリンク。飲んだ後に口の中が冷たい感じがする飲み物。絶対に合うはずなのに、なぜ今までなかったのだろうと思っていたので、電車内にこの商品の広告が出ていたのを見て「これだ」と思い、期待いっぱいに購入したのですが。
続きを読む >>
| その他 | 16:52 | - | trackbacks(0) |
トウモロコシをいただきました
いただき物の玉蜀黍

 群馬県在住でお世話になっている知人から、先日トウモロコシを段ボール1箱いただきました。電話でお礼がてら伺ったことには、その知人のご親戚が、群馬県沼田市で栽培したものだそうです。

 まずはクール便で到着した段ボールを開封したところ、1箱に満杯で24本詰められていました。取り急ぎ1本茹でて食べてみました。熱々にゆでたところに、少し塩を振っていただきます。甘身が強くて、とてもおいしいです。しかしながら、うちの構成員は妻と私のわずかに2名。鮮度が重要なトウモロコシを、それほど大量に短期間で食べ切れるものではありません。

 まずはトウモロコシが大好物で目がない、私の母親にと思い、実家に5本を送りました。続いて(こちらは義父に車で取りに来てもらい)同じ区内に住んでいる妻の実家に同じく5本。それからご近所に2〜3本ずつ配りました。
 それでも10本近く残ったので、ゆでたトウモロコシを3本ほど勤務先へ持参したところ、かなり好評でした。まだ残りが5本ほどあります。醤油をたらして焼くと、焦げた香りが何とも言えない焼きトウモロコシもおいしそうですね。
 この暑い夏の風物詩の一つとして、長く記憶に残りそうな贈り物です。

楽天でトウモロコシ
を見る。

 早稲田の隣はブログランキングに参加しています。多少でも面白いと感じていただけたら下のバナーをクリックしてくださると幸いです。
| その他 | 22:57 | - | trackbacks(0) |
ゴキブリ騒動
 一昨日、わが家についに奴が出ました。ゴキブリです。現在のマンションへ引っ越してきて半年少々、入居前にバルサン的なものを焚いておいたせいか、今まで何ごともなかったのですが、先日夜遅く帰宅した妻の声により駆け付けたところ、黒光りした何とも嫌なアイツがいたのです。

すぐに退治しようと思い殺虫剤を探したのですが、引っ越しのどさくさに紛れたのか見つかりません。殺虫剤がないので、代用品として台所用洗剤を振り掛けようとしたのですが、奴はすばしこい動きで攻撃を難なくかわし、物陰に隠れてしまいました。(ゴキブリに洗剤をかけると、油で覆われた気門がふさがって窒息死する)。

 折しも先週休暇で旅行に出かけ、帰宅後あまり荷物を片付けていません。床に物が散乱した室内は奴にとって絶好の、こちらには最悪の状況です。ようやく殺虫剤を探し出したときには、時すでに遅し。奴の姿は室内のどこにも見えませんでした。

楽天で「ゴキブリ」の検索結果
を見る
続きを読む >>
| その他 | 22:01 | - | trackbacks(0) |
東京メトロ副都心線に遅れ、結局乗れず
東京メトロ副都心線東新宿駅

 東京メトロ副都心線。一昨日開通したこの新しい地下鉄に乗ってみようとして、見事に失敗しました。
 今日の帰路のこと。勤務先のあるJR中央線三鷹駅から文京区目白台の自宅へ帰宅する際に、普段私はJR中央線で三鷹駅から新宿駅、山手線へ乗り換えて目白駅という至って普通の経路を使っています。
新線の雑司ヶ谷駅が自宅から近いので、せっかく新しい地下鉄ができたのだからと思い、今日はわざわざ中央線各駅停車を大久保駅で途中下車し、徒歩で新大久保駅前を通過、明治通りへ出て副都心線の東新宿駅へ向かいました。10分強の道程です。

 実はこの副都心線の開通日だった一昨日の土曜日、朝新宿に所用があったので、帰りにこの新路線に乗ってやろうと思って新宿三丁目駅に行ってみました。ところがさすが開通日、鉄道マニア(?)たちが改札前に長蛇の列をなしていて、乗ることができませんでした。ですので今日はそのリベンジのつもりでした。

 南北線、大江戸線など比較的新しい地下鉄路線は往々にして地下深くを通っていますが、この副都心線も例外ではなく、東新宿駅でも地上からホームへは普通にエスカレーター等を使用して3〜4分程度もかかります。

 このような深部に駅がある地下鉄に乗っても気にならないのは、おそらく今回の路線開通で「便利になる」と盛んに喧伝されている、東武東上線や西武池袋線沿線在住の人なのでしょう。30分以上の長時間電車に乗っていれば、ホームから地上まで多少遠くても気にならないはずです。

 逆に現在の私のように、新しく開通した路線(池袋−渋谷間)の駅が自宅の最寄り駅である場合、そもそも今までも都内どこに行くにもそれほど時間がかからなかったため、地上からホームまでの時間がこれほどかかるのは結構気になります。これだけホームが深い所にあると、正直なところあまり頻繁に使う気にはなれません。
続きを読む >>
| その他 | 20:43 | - | trackbacks(0) |
パスポートが切れた(2)
 前回パスポートが有効期限切れとなってしまったことについてご紹介しました。今日はその続きを。
 パスポート申請の必要書類の一つである「写真」は、自宅から昭島へ行く前に、目白駅前にあるスピード写真で撮影しました。

 さてこのスピード写真、昔は「3分間写真」などと呼んでいましたが、現在ではかなりスピードアップしています。いわゆる自動写真撮影機なのですが、なにしろ撮影完了からプリントまで18秒(公称)と、本当にスピーディでした。撮影された画像は、室内(?)にある画面に表示してくれ、頭の頂点と、顎の先にCGによるラインを表示してくれます。ラインが誤っていれば手動での微調整が可能です。
続きを読む >>
| その他 | 22:54 | - | trackbacks(0) |
パスポートが切れた(1)
 突然ですが、7月上旬に勤務先から夏休みをもらうことにしました。
 で、少し前に妻と二人で海外旅行に行こうと航空会社に申し込みをしようとして、個人的にはちょっと大変なことに気がつきました。パスポートの有効期限が切れてしまっていたのです。

 大学生になり、当時日本テレビ系列で放映していたアメリカ横断ウルトラクイズに出場したくて初めてパスポートを取得したのが1992年でした。(ちなみにこの年に第16回アメリカ横断ウルトラクイズが放映されたのを最後に、同番組は放送されなくなった。事実上の打ち切り。理由は諸説紛々あるが、経費がかかり過ぎたことと、視聴率の低迷というのが定説。92年に開催された第16回の6年後、日本テレビ開局45周年記念の1998年に「トヨタオート」が「ネッツトヨタ」に変更され「ネッツトヨタ」を冠スポンサーとして「今世紀最後 アメリカ横断ウルトラクイズ」が放送された。それ以来約10年間、開催されていない)
続きを読む >>
| その他 | 22:36 | - | trackbacks(0) |
ラルフローレンのバーゲン
ラルフローレンバーゲン
 今日の昼ごろ、ラルフローレン(ポロ)のバーゲンに行ってきました。妻が勤務先の方から入場券をもらったらしく、家庭内動員をかけられたのです。浜松町から東京モノレールに乗車、三駅目の流通センター駅で下車しました。

 11:30AMごろ到着した会場は入場制限を実施しており、入口付近では「レジは1時間50分待ちです」と恐怖のアナウンス。私は行列が大の嫌いなので、この時点で私は中に入らずに帰ることを主張しましたが、妻に聞き入れてもらえず、とりあえず見るだけ見ることにして会場内へ入りました。皆さん相当量の買い物をするのでしょう、入口で巨大なビニールバッグを渡されました。

 案の定、会場内は芋の子を洗うような大混雑でした。確かにシャツが5,000円台などとラルフローレンにしては相当割安で販売してはいましたが、ゆっくり見て回る状況ではありません。とりあえず一目見て気に入ったのは、袋に入れました。

 1階、2階の2フロアーでバーゲンを実施していましたので、フロアー間移動は階段です。階段を昇る途中、買い物に疲れたのでしょうか、踊り場に難民のように放心状態で座り込んでいる人々や、売場から若干離れているところで床に座り込み「自宅のように」くつろいでいる人たちがいました。ブランドイメージと購入層の属性がアンマッチのような気がします。
続きを読む >>
| その他 | 16:50 | - | trackbacks(0) |
保険会社から連絡がありました
 一昨日交通事故に遭い、その痛みが残っていたので今日一日大事をとって勤務先を休みました。

 昨夜、相手の方から自宅へ電話があり、今後の補償については保険会社から連絡が行く旨を聞いていました。事故当日に話をしたところ、相手側は翌年の保険料が上がることを理由として、保険を使うことを逡巡していたようですが、結局は保険を使うようです。相手の立場にしてみれば、大した事故ではなかったとはいえ、今後被害者(私)の容体が急変したり、容態が急変したと偽って多額の慰謝料を要求されるなど金銭トラブルになる可能性を考慮し、保険会社を入れたのだと思います。
続きを読む >>
| その他 | 22:31 | - | trackbacks(0) |
交通事故に遭いました(後半)
 さて今日遭遇した交通事故当日の「フロー」の後半部です。前半はこちらをご覧ください。

6.けが人があれば救急車が来る。
 重大事故の場合は一刻を争うので、警察官よりも早く来る場合もあるでしょう。今回も110番通報時に救急車を呼びますか?と聞かれたのですが、大したことがなかったため、私が救急車は不要ですと伝えていたのです。

 しかし土曜日で開いている病院も少なく、しかも付近でどの病院が診療しているかなどわかりません。とはいえ交通事故ですから、負傷者の心理としては、事故当日に病院には行っておきたかったのです。

 平日なら歩いて最寄り病院にでも行くところですが、事実上救急診療しか受けられない状態でしたので、最終的には救急車を呼んでもらう羽目になりました。事故現場最寄りの警察病院は、閉鎖されて工事用のフェンスが張り巡らされていましたし。

 救急車が到着すると救急隊員から、まず今回の事故で痛む部位、それから既往症などを聞かれます。また救急車内で血圧、脈拍、体温等の計測を行います。転倒の衝撃による左半身の痛みと、やや首に違和感を覚えたのでその旨を申し出たら、事故現場で救急隊の方が、応急のギプス状のものを首に巻いてくれました。

 事故の痛みもそうですが、このギプスがきつかったせいで、病院に到着したころにはやや気分が悪くなりました。

7.病院へ行く
 救急車ですぐ近くの逓信病院へ連れて行ってもらいました。救急車に乗ったのは初めてだと思います。写真でも取っておけばよかったです。サイレンを鳴らしながらの移動距離は、ものの300mくらいと、運ばれているこちらが恥ずかしくなるくらいでした。

8.(自分が怪我をしていたら)診察を受ける
 休日の病院はそれほど混雑していなくても、態勢が手薄なので結構待たされます。待ち時間に再度文京区内の実家にいた妻に電話したところ、ようやくつながりました。病院まで近距離なのですぐに来てくれるとのことでした。

 診察室でまず問診を受け、打撲の痛みと首の違和感が症状である旨を伝えると念のためということで、レントゲン撮影をすることになりました。病院地下にあるレントゲン撮影室では、とても感じの良い男性の技師さんが、私が特に痛いと言った上腕部、大腿部、首などのレントゲン写真を撮ってくれました。

 レントゲン撮影後、再度診察を受けるために階上へ上がると、義父が車で妻を乗せて病院へ駆けつけてくれました。こういうときに家族はありがたいと感じます。

 さて再診察時にレントゲン写真を見せられ、骨等に異常はないのでひとまず安心とのこと。ただ交通事故の場合、思わぬ形で後遺症が残ることもあるそうで、具合が悪ければ再来院するよう言われました。警察に依頼されていたので医師にお願いし、診断書も発行してもらったのですが、打撲による痛みだけなので全治3日の診断。割と痛いんですけど、この程度なんですかね。

続きを読む >>
| その他 | 20:08 | - | trackbacks(0) |
<< | 2/4PAGES | >>